AVT-C875(ウルⅣモデル)レビュー、Xsplitの色々な使い方や配信動画(ピクチャーインピクチャー)

AVT-C875本体
XSplitの色々な使い方を説明したいと思います。

スポンサード リンク


【記事一覧】 AVT-C875(ウルⅣモデル)レビュー

PinP機能(ピクチャーインピクチャー)

XSplit(有料版)には一つの配信画面に色々なソースを追加することが出来ます。

XSplitピクチャーインピクチャー
画面左下のADDをクリックすると

名前説明
Add cameraWebカメラの映像等
メディアを追加PC内の静止画・動画等
スクリーンを追加デスクトップ画面に映っているもの
Add IP cameraIPカメラ(ネットワークカメラ)の映像等
ゲームを追加フルスクリーンのPCゲーム等(有料版のみ)
Add Skype videoSkypeのビデオ通話等(有料版のみ)
Add livestream他のライブ配信を配信
Add title字幕(テロップ)を表示
More sources上記以外のソース

などを映して配信することが可能です。

【使い方例1】

ゲームプレイ手元操作をピクチャーインピクチャーした動画です(ウイイレ2014)

【使い方例2】

PinP機能使い方例
ウイイレ等、仲間内で配信し合い、試合結果やほかの試合等を映し、テレビ中継のようなことをすることも可能です。
なお、XSplit無料版ではこのメディア追加は4つまでで有料版では12個まで表示可能です。

その他連携出来るソフト一覧

コメントビューアー&読み上げソフト
各配信サイトにて視聴者のコメントを読み上げてくれます。

【コメントビューアー】

【読み上げソフト】

【自動枠取り】
ニコ生は30分1枠で配信が終了します(レベルが上がれば無料延長も可能)
ですのでXSplitと対応ソフトを連携して自動で枠取りし配信することも可能です。
たくさんソフトを使うので、少し設定が難しいですが慣れてくれば挑戦してみるのもどうでしょうか?

【XSplit高画質配信(上級者向け)】
高画質配信参考サイト

プリセット編集参考サイト(上級者向け)

以上となります。
ゲーム配信をするということは非常に敷居の高いことに間違いはないのですが、僕のような配信初心者でもXSplitを使えば簡単に配信することが出来ました。
高画質配信等まだまだ出来ていないですが、有料版だとフレームレートの制限がないのでそれだけでもある程度綺麗な画質で配信できるのではと思います。

その他の配信サイト

全て一部有料の所もありますが、ほぼ無料でニコ生よりも高画質での配信が可能です。

ですが視聴者数がニコ生の方が圧倒的に多いので、大勢の方にみてもらいたい方→ニコ生
友達同士のみで配信しあう時→CaveTubeなど、というように用途に応じて使い分けるのではどうでしょうか?

【CaveTubeとXSplitの連携】

高画質配信可能、コメント遅延小といいことずくしですが、唯一の弱点はヘビー時間に配信制限が行われて配信出来ないことがあります。
運営に問い合わせてみると登録した方順にしているようなので予定のある方は登録だけでもしておくことをお勧めします。


AVerMedia ポータブル・ゲームキャプチャー AVT-C875-USF4C ウルトラストリートファイターIVモデル DV369 AVT-C875-USF4C

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です